fc2ブログ

補助金の話

太陽光発電で気になるのはやっぱり コスト!
今通常の施工方法で大体 1Kw当たり69万6千円だそうです。
仮に3.5Kwだと

3.5Kw×696,000円=2,436,000円
かなりの金額になりますね。

でもその金額の一部が補助金で国や市町村から援助してもらえるのです。
補助金ですから融資と違い返済は必要ありません

補助金は表にまとめましたので参考にしてください
hozyokin.jpg



国からは1Kw当たり7万円の補助 (上限10Kw)
補助の大きな刈谷市ですと1kw当たり9万円の補助(上限4Kw)
国と市町村(刈谷市の場合)の合計は
3.5Kwの場合

3.5Kw×70,000円+3.5Kw×90,000円=560,000円

先程の2,436,000円から560,000円を引くと

1,876,000円(刈谷市の場合)

一般的な補助金の市町村の半田市だと1Kw当たり20,000円ですから

2,436,000円-3.5Kw×(7万円+2万円)=2,121,000円(半田市の場合)

が自己負担額になるおおよその計算ですね。

何年で元が取れるの?
と言われると答えに困ってしまいます。

なぜなら単純に発電量からだけ言えばおおよそ20年
メーカーのカタログから言えば 
オール電化併用で 発電して売電している昼電気代が高く
買電する夜電気代の安い電気料金と併用で年間20万円ほど節約できる
そうですからおおよそ10年

・・・・・・・えーと 今思いついたんですが

当社などの様に新築時に設置した場合は考え方を変えると
太陽光発電で増額する金額(仮に200万円)を住宅ローンで融資を受けた場合
返済35年で年間おおよそ81,600円ほどの支払なります(金利2.2%)
名古屋地域で3.5Kwの年間の発電量を電気代に換算すると
90,000円程度になります。
設置したその年から年間8,000円お得ってこと?
 これは設置したその年からお値打ちになってると
言うことでしょうか?
 新築時に住宅ローンに組み込んで考えるとお得な気がしてきました。
この考え方ってあってますか?
スポンサーサイト



FC2カウンター


プロフィール

Ise bay

Author:Ise bay
伊勢湾へようこそ

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
過去ログ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索